格安スマホ徹底比較!購入前に読んでおかないと損をする!

格安スマホ検討中なら必読!

ドコモ、AU、ソフトバンクなど大手キャリアなどと比べて、月々の支払い料金が格安になる「格安スマホ」が話題となっていますが、検討中の方も多いのではないでしょうか。

検討中の方は、実際どれくらいお得なの?とか、どういった機種があるの?とかいった情報をどこから入手してますか?

やはり一番手っとり早い、インターネットからという人が多いのではないでしょうか?

でも、ちょっと待って下さい!

それだけで購入を判断したら、危ないです!

なぜなら、インターネットで得られる情報というのは、「格安スマホ」のほんの一部の情報に過ぎないからです。

わたしも実際にこの「本」を読んで、自分は「格安スマホ」について全く知らなかったんだなと思い知らされました。

「格安スマホ」を買う前に、これを読むべき!

その本は、 「日経トレンディ2015年3月号」

日経トレンディ2015_3

今月号なんですが、格安スマホの特集を組んでいて、とにかく購入を検討中の人は、購入前に読んでおくべきです。

ネットからは入手出来ない情報が満載なのです。

どんな情報が掲載されているか、一部紹介します。

格安スマホへの乗り換え手順

大手キャリアから格安スマホへの乗り換え手順が、詳しく掲載されいています。

ネットでの販売や手続きが主流だった格安SIMですが、最近は実店舗の受付カウンターを設けるところも増加し、即日開通も可能に。

即日開通出来るサービス会社はどこか、などの情報もわかります。

SIMカードのサイズは3種ある

SIMカードのサイズが3種類あるなんて知ってました?

使用の機種によってサイズが違うらしいです。

サービス会社によっては、扱っていないサイズもあるらしいので注意が必要です。

サービス会社がどの大手キャリア回線を利用しているか

「格安スマホ」を提供しているサービス会社は、大手キャリアの回線を借り受けて運営しています。ほとんどがドコモですが、AUの回線を利用している会社も2社あります。ソフトバンクは回線を提供していません。

どこの回線を利用しているかが重要になってくるのは、乗り換えの時に今持っている機種を使ったり、別途中古で購入した機種を使ったりする場合です。

理由は、格安スマホでも使うSIMカードは、その回線のものになり、ドコモの回線を利用しているのであれば、ドコモのロゴが入っていて、中古のドコモ系スマホであれば そのまま使うことが可能とのことです。

知ってました?

この本には、各サービス会社がどこの回線を利用しているかがわかりやすく表にまとまっています。

17種類の格安SIMの通信速度の比較データ

これは、本当にしっかり見ておいて欲しいです。

カタログ上の最大通信速度は、どのSIMカードも同じなのですが、実際に速度を計測してみると、サービス会社により かなり差があるんです!

この事を知らないと、カタログ上はどこも同じなので、同じだろうと思ってしまいます。

購入後に失敗した! とならない為にも、これは本当に重要です。

ではなぜ同じ「ドコモ回線」でも速さが違うのか?

「利用者から交換機まではドコモの設備を利用。そこから先のドコモから借りた回線の容量と、自前で構築する設備の能力などで、速度に差が生じる」

とのことです。

本にはもっと詳しく解説が掲載されています。

SIMフリー端末19機種を徹底テスト

最近の格安スマホブームでSIMフリー端末がどんどん出回って来ていますが、気をつけなくてはならないのが、

2年以上も前の大手キャリアのスマホと同等スペックの機種が多いのだそうです。

その辺りを良く理解していないと、購入後にあれ?となりかねないですね。

本の中では、今市場に出回っている19機種の性能(複数アプリを使って動作がどうか)、電池持ち、使い勝手などを徹底比較しています。

 

上記以外にも

・中古端末とSIMを組み合わせる際のポイント

・格安SIMをタブレットで使うポイント

・無料の無線LANの徹底活用術

・子供用スマホの作り方

・大手キャリア3社の格安利用術

などなど、インターネットからでは知り得ない情報満載です。

格安スマホを検討中の方であれば、購入して絶対損はしない情報量だと思いますよ。

 

日経TRENDY(トレンディ)2015年3月号[雑誌]

中古価格
¥250から
(2015/2/23 00:46時点)

スポンサーリンク

Pocket